ポスティング考察:徒歩配布とバイク配布

弊社は基本的に徒歩で配布を行っています。
細い路地や、ポストが敷地の奥まったところにある場合など柔軟に対応できるためです。戸建て指定の場合でも、袋小路に入っていき1軒1軒ポスティングが可能です。

昨日、日野市某所でポスティングをしていました。
渋谷区ナンバーのバイクが大きなマンションの前に停まっています。ウィンドスクリーンには地図が貼ってあります。即座にポスティング会社のバイクとわかりました。マンションの集合ポストに入れ終わった運転手は、即座にバイクを走らせました。運転手が戸建て住宅にポスティングすることはありませんでした。

ポスティングをしているとよく見る光景なのですが、彼らはマンションやアパートのみに配布しているように見えます(もしかすると、集合住宅指定の配布なのかもしれません)。
広告主がこの光景を見たら、納得するでしょうか?戸建て住宅のファミリー世帯や、老夫婦世帯にチラシを見てもらうことは出来ません。それをわかっていながら、彼らはバイクを走らせるのです。
この背景にはポスティング会社の報酬制度が関係します。1日に配布した枚数で報酬が決まる出来高制だから、効率が良いマンションやアパートを回るのです。彼らも生活がかかっていますから必死です。
悪質なのは組織的に行っている場合です。日野市某所の世帯数が1,000世帯として、配布予定数は7割の700部とします。マンションとアパートのみ配布しても700部配布することは出来ない場合もあります。組織的にこれを良しとしているポスティング会社がある可能性もあります。

ポスティング会社選びの際は、この辺も考慮する事をお勧めします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です