ポスティング考察:相場よりも安いポスティング会社について

Google広告の中には「ポスティング1枚@1.8円から」と最安値をアピールする広告が目立ちます。今回は、相場よりも安いポスティング会社についてのお話です。

広告宣伝費をなるべく安く抑えつつ、チラシの反響は増やしたいと考えるオーナー様は多いと思います。最安値のポスティング会社に依頼したいけど、きちんと配布してくれるのか不安になりますよね。

例えばA4サイズのチラシを1枚@3.0円で配布するポスティング会社があったとします。10,000部の売上げは30,000円です。
多摩地域はマンションだらけの都内とは異なり、戸建てや畑が多いエリアになります。都内は1日2,000部強配布できるのに対し、多摩地域は1日1,500部配布できれば良いほうではないでしょうか。
多摩地域で10,000部を配布するには6.7日間かかる計算になります。
1日7時間配布した場合、配布に必要な時間は7時間×6.7日間=約47時間。
配布スタッフの時給は単純計算で30,000円÷47時間=638円となります。
東京都の最低賃金時間額が1,013円なので約半分の時給です。実際は638円からポスティング会社の必要経費を加味するので、配布スタッフの時給はさらに下がります。
1枚@1.8円や@3.0円が、いかに現実離れしているかご理解頂けると思います。

ポスティング会社は利益を出すために、併配という方法を利用します。チラシを2種類、3種類、4種類同時に配布することにより1軒あたりの配布コストを下げていきます。これにより利益を出すことが出来ます。

ただし悪質なポスティング会社の場合、10,000部の半分5,000部しか配布しないなど、配布数を減らして利益を出している可能性があります。この場合、反響数、反響率は本来の半分となります。最安値のポスティング会社に依頼するということは、このようなリスクもあるということです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です